2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.10.21 (Sun)

★祭りどころじゃ~ないじぇ!

季節の変わり目は早いもので、日中の日差しが、あぢぃから暖かいと感じてきましたドン地方。
ついこの間まで、日中は半袖でもOKなんて言っていたのにねぇ。。。
まだまだ、木々が色づきさえしちゃ~いませんが、もう秋も終りに近づいてきたかっと思うほど、
朝晩が大分冷え込んできましたよ~

そうそう、月日の経つのも早いもので、もう1か月も前のことなんですが。。。
先月の9月22日に、足立区の小右衛門稲荷神社でお祭りがありましてね。
震災の影響か? 去年中止になったため、台輪3尺5寸の立派な本社神輿も、実に5年ぶりの本社
宮出しっちゅうことで。 また、担ぎ手の法被(はっぴ)の背紋に、『』という文字が書かれていた
のが印象的でした。

それに、今回は地区に関係なく、御輿同好会の方々など若い担ぎ手が大勢集まったらしく、
朝から、えらく賑わっておりましたよ
今まで、ボンドが聴覚(音)過敏症だったので、なかなか
お祭りなんて見にいけなかったからねぇ。。。
若い時は、毎年、浅草の三社御輿を担いでいたぐらい、
お祭り大好きなドンはウッキウキ
午後、ドンドンと祭囃子(おはやし)の音が近づいてきたので、ボンドを担いで、通りまで走って見にいきました

「おおー、来たじぇ♪ 来たじぇ~♪」


「おおー、目の前にキタ~


「お、お神輿が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ おいおい


ド迫力に、目の前にきた神輿の写真がないのは。。。 ・・・・・・の間に、


何やら、ドンの背後から、大きな笑い声と、笑いながらも「だいじょうぶ~と心配する声。
っと、そこへ、
「もー、ボンドくんの目玉が飛び出るかと思ったわよ! 笑っちゃ可哀そうなんだけど、あまりに
ボンドくんの顔がおかしくて~
っと、涙を流しながら笑いをこらえて話す、近所のオバサン達。

このような状態でしたので、ドンには、その時のボンドの顔が見えず、写真もありませんが、
ボンドの目玉が飛び出そうなぐらい、おもしろい顔と言えば。。。

この顔しか、ないでひょ

たぶん、お囃子の音には耐えられても、お神輿を担ぐ男性陣、かなり目の前スレスレの近さで、
迫力のある声だったので、驚いてしまったのではないかと。その直後、ボンドが震えだしたので、
急いで撤収しました

YouTubeで、このお祭りの様子を撮った動画を見つけました
『2012.09.22.小右衛門稲荷神社 第一章』
http://www.youtube.com/watch?v=D9p2j1pgGt0&feature=related

ちょうど、ドンと同じ場所で撮っていたであろうシーンが、3分10秒~15秒の間。
ドンが撮った上の写真と同じところが映っています。
3分10秒のところで、一番下の右側の写真、ツルっとした頭にタオルを巻いたオジサンが、
動画の左下にいますよ。
っが、この動画も、ボンドの目玉が飛び出そうな時の間だけ、ありません。なじぇ

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ  よかったら、ポチッとお願いします。
00:21  |  ボンド便り(日々のあれこれ)
 | HOME |