2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.10.09 (Wed)

★ボンドに伝えてほしいこと

では、いつもの前置きは抜きにして、ボンドとの話しの続きをどうじょ

話の順番は、前回と同じ
 小雪さん
 ボンド
っとなってます。

 ボンド~。
 なあに?

 今日はドンから伝言があるよ。ドンがね、大丈夫ずっと一緒にいるよ。って。
 わかってるよ。信じてるもん。

 それともし、もしね、体の具合が悪くなっても大丈夫一緒にいるから。って。
 うん、ぼくもずっと元気じゃいられないからね。でも、その時はドンがいろいろしてくれるんでしょ?
 そうだね。

 ボンドにとってドンってどんな存在?
 ぼくとドンは切ってもきれない仲なんだ。一つなんだよ。

 そう、幸せだね~。
 うん。

 じゃあ、またいつかお話してね。
 うん。じゃあね。

っと以上です。

後でわかったことですが、小雪さんと、この会話をしていたであろう時のボンドの様子です。その時の
写真ではありませんが、ちょうど、こんな状態でした。寝ているのか? 起きているのか?
この夜、11時頃だったでしょうか。。。
(小雪さんと話し始めたのが10時半頃だった
そうです)
私が夜遅く起きていると、いつもだったら、おやつ~と騒いだり、主人のところで寝てしまったりするのですが、この晩だけ、
私の横で、ただ静かにボォーっとしていました。夜中2時過ぎ、私も布団に入りましたが、ボンドはそのまま、朝まで一人でいたようです。
翌日は爆睡してました
小雪さんによれば、他の子も「なんかいつもと違う行動をした。いつもと違った。」と言われることが
あったそうですよ。

最初、小雪さんから、「ボンドへの質問を送ってくださいね」とメールがきて、
ドンからは、「一番、何が食べたいか?」だけで、後はなんでもいいってお願いしいたのですが、
おいおい、それだけかい?って感じですよね
ただ、小雪さんとなんでもいいから、とにかく会話ができることを楽しんでもらいたかった。
そして、話しができるんだってことを、ボンドに知っていて欲しかった。。。

それは。。。
ボンドと13年と長く一緒に生活していれば、ボンドはドンの言葉を理解し、ドンはボンドの表情や
しぐさで、何を言っているのか理解できるようになる。
主人には、「おまえら姉弟みたいだな」と言われてるけど、ボンドの言葉を借りるなら、
「ドンとボンドは一つなんだよ」と、本当にお互いが「人と犬」という存在を忘れて生活している。
だけど、ボンドが具合が悪いときほど、「ボンドと話しができたら・・・」と思う。ただ獣医さんに任せる
しかない、ただ痛みに耐えるボンドを傍で見ているだけでしかないことほど辛いことはない。

以前、ボンドが食中毒&細菌感染で危険な状態が続いた時、
ボンドが獣医さんの手に自分の手を乗せて、「助けて!」って言ったんだそうです。
日頃から、動物と話しができる獣医さんっでもなく、ボンドが言葉をしゃべったのでもなく、
先生の頭(心)の中で、ボンドの声が響いたっと言えばいいのか。。。
電話で、「絶対に死なせはしないから」と言ってた先生の必死な思いが通じたのか。。。

きっと、今までも、一生懸命、ボンドはドンに何か叫んでいたはず。なのに、ドンがわかってあげて
いない。。。 そう思いました。
誰でも生まれながらにして、直感というのか、感じとれる能力を持っているらしいけど、ドンには
雑念が多いのか、意識が低いのか?よくわかりませんが、こんなに一緒にいるのに、一度たりとも、
ボンドの心の声を聞いたことがない。

だから、小雪さんに、何よりも「大丈夫。ずっと一緒だからね」と伝えて欲しかった。
ドンも一度でいいから、ボンドの声が聞きたい・・・

今回、ドンにとっても、ボンドにとっても、貴重な経験をさせていただきました。
小雪さん、貴重な時間を割いていただき、ありがとうございました。



小雪さんのブログ:梅小町のゆめ+ トリマー小雪の日記 http://ameblo.jp/umekomachinoyume/
アニマルコミュニケーションの体験談はこちらから。

小雪さんのホームページ yumeumekomachi
アニマルコミュニケーションのお申込みはこちらから。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ  よかったら、ポチッとお願いします。

いつも、ドンとボンドのブログを見てくださり、本当にありがとうございます。
なかなか、皆さんのブログへコメント残せませんが、よろしかったら、コメント欄にどうぞ。
13:04  |  ドンの日記  |  コメント(6)

Comment

こんばんは♪ 
ボンドくんと交信!すてき!白いごはんが好きだったり、切っても切れない絆で結ばれていると信じて信頼して、ドンさん、しあわせですね!
そのお医者様の手をフンム!っと頼んだじぇ~
ドンに伝えておくれと、言葉を伝えようとした!
なんて親孝行(姉思い)なんでしょう~。
うちはどうかな(汗) 
もし聞けるのであれば、私に直してほしい事なぁに?・・かな。
それとドンさんのように献身的にはなかなかしてあげられないけど、
そばにいる、と約束できたらいいな。
よい経験になりましたね☆
こちらも健康でいないとね!お互いがんばりましょうね!
chunmei |  2013.10.12(土) 22:45 | URL |  【編集】

こんばんわ!

コメントありがとうi-237
ボンドにさ、「ぼくとドンは切ってもきれない仲なんだ。
一つなんだよ。」の言葉には、ホントに泣けた~i-240
こんな言葉をボンドから聞けるとは・・・
ホントに、ボンドは、いいやちゅi-234だぁ~!
chunmei さんだって、ブログでの情報、とても勉強になります。
メイちゃんもなおみちゃんも、いっぱい感謝していると、ドンは思う。
なおみちゃんの回復力には驚きだもの。それはやっぱり、なおみちゃんの
家族とともに「生きたい」という強い気持ちがあればこそ! フンムi-203
なおみちゃんも、もうすぐ1年か~。ボンドも3年になります。
たとえ完治は難しくとも、良い状態が続いていければいいと思っています。
何があろうとも、一緒に頑張っていくじぇ!!
chunmei さんには、ボンドの足のことで、とってもお世話になり、ありがとうございました。これからも、ずっとお友達でいてくださいね。
ドンとボンド |  2013.10.13(日) 23:38 | URL |  【編集】

切ってもきれない仲なんだ・・・って!!
そんなこと言われたら、涙出ちゃいますねぇ~
ボンドくんとドンさんの絆が見えた気がして、読んでいて感動しちゃいました。
『助けて』のエピソードもそうですが、ワンコは私たちニンゲンに一生懸命なにかを伝えようとしてくれてるんですね~
そのサインを逃さないようにしなくちゃと考えさせられました。
そしてわたしもむぅちんの声を聞いてみたい・・・
わかってるつもりでも、わかっていないことあるはずだから(~~;)
わたしも小雪さんにお願いしてみました。
楽しみです。
ここ |  2013.10.21(月) 10:00 | URL |  【編集】

こんばんわ

コメントありがとうi-237
ドンもさぁ~、ボンドにこんなこと言ってもらえるなんて、
本当に感激しました。ありがとう、ボンド~っi-240て感じです。
ここさんも、小雪さんに頼んだんだぁ~!
うひょ!むぅちん、なんていうかなぁ~、今からワクワクだねi-236
きっと、かぁ~ちゃん思いの優しい子に違いない!フンムi-203 っと、ドンは思う。
ドンもボンドの声を聞いてみたい・・・ あれ以来、時々、ボンドの目を見て、「何か言え~」と念じてi-278みてるけど、何の気配も感じとれず。。。i-230
ドンとボンド |  2013.10.22(火) 21:43 | URL |  【編集】

おしゃべり

アロハ~!
本当に、ボンド君らしいおしゃべり。
特に、体の状況が悪い時、心の声が聞けたら本当に助かりますよね。
ボンド君は、ドンさんのこと一身一体って思ってるんですね。
お互いに大切に思う気持ち、これがペットと飼い主の間に必要な愛ですものね。
信頼感あふれた会話、本当にかわいらしい。。
モリオリママ |  2013.11.02(土) 18:50 | URL |  【編集】

アロハ~!

コメントありがとうございますi-237
ねぇ~、本当にボンドらしい会話ですよね。
でも、もっと文句タラタラ言うかと思ってましたi-278
ボンドから「ドンと一つなんだよ」という言葉が聞けて、
それだけで嬉しかった~♪ 
可愛くて、愛おしくて、涙が出ちゃうよi-240
ボンドも来年そうそう、14歳になるでしょ。また具合が悪くなったりした時には、小雪さんにお願いしますって頼みました。
少しでも、ボンドの傷みがわかってあげられたら。。。って。
こんなに一緒にいるのに、一度でいいから、ボンドの声が聞きたいです。
ドンとボンド |  2013.11.02(土) 23:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |