2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.02.12 (Wed)

★なんじゃ、この肉球は?!(発症)

前回の続き。。。
何せ1年前のことで、記憶が曖昧なので、まずは5W1Hに沿って、
『When(発症は?)・What(見解は?)・Why(原因は?)・How(治療は?)・WhereWho』 の順で。
本日は、発症の様子から、獣医さんとのやりとりまで。

When いつ発症したのか?と言うより、いつ気づいたか?と言ったほうがいい。

それは去年2013年3月中旬のこと。

いつものように散歩をしていると、何か歩き方が変 足を地面につくのが痛いのか? ビッコをひくような歩き方。
足を見ると、4足全部の肉球(指球、足底球全体)表面に、カサブタのように固いものがこびりつき(ちょうどセメダインを塗って乾燥したような感じ)、赤く腫れあがっている。

※その直後の写真がないため、薬を塗り
始めて、赤みや腫れがひいた状態の肉球の写真です

「なんじゃ、この肉球は?!」っと、獣医さんへ

何でこうなるまで気づかなかったか?と聞かれれば。。。
毎年3月は、ドンが区の無料検診月間で、家を留守にすることが多く、また去年は、中国からの
黄砂・大気汚染(PM2.5)やら、 煙霧・風じんが発生したため、散歩にも出られない日が多かった
ので。。。 まぁ~、ほったらかし過ぎた
そして、いたって元気だったこと。 食欲もあり、便通も良く。 熱っぽいとか、痛み痒みといった
症状もなかった。 去年3月16日のブログでも、
 散歩に行くのも億劫で、寝ているのが幸せなボンドでさえも・・・

では、いつ?っと後で確かめてみると、3/9にカット トリマーさん曰く、肉球に異常はなかったと。
翌10日は散歩して異常はなし。19日に獣医さんへ行っているので。。。 っとすると、11~18日のたった1週間ぐらいの間にとなる。

ここからは、獣医さんとのやりとりをそのまま。
 「先生、ボンドの肉球が!!」       「なんだ、これは?!」
先生も初めてみる症状らしい。

っで、真っ先に疑われるのは2つ。まずは、天疱瘡(自己免疫性皮膚病)の再発。
 「先生、天疱瘡じゃないの?!」     「いや、違う」
今まで肉球にこのような症状が出るという症例はないようで。 ひとまず、ホッとしましたよ

そして、以前のステロイドの長期服用による副作用、糖尿病。
 「先生、糖尿病じゃないの?!」     「いや、違う」
後で血液検査をしてみるも、白血球が高めであるが、腎肝機能の異常なし。糖尿病の心配もない。
あまりに肝臓の数値ともに検査結果が良すぎて、2回採血したほど

 「え! じゃあ水虫か何か?!」     「いや違う」
皮脂と思われる固まりを削りとって顕微鏡で検査してみるも、真菌なし。

 「え~~、じゃあ何?!」          「う~ん・・・何だろうね~」

先生とは、2002年に去勢手術をしてもらって以来なので、もう10年以上も、お世話になりっぱなし。
今まで、何度も危機を救っていただき、誤診もない。 ボンドのことを一番わかってくれている先生の
口から、「わからない」と言われたのは初めてのこと。

とにかく、このカサブタのようなものは「脂(皮脂)」であり、皮脂が過剰に分泌され、皮脂膜が重なる
ように固まったため、角化異常を起こしているのではないかと。

っと、すでに長いので、次回「なんじゃ、この肉球は?!」(見解)で。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
  よかったら、ポチッとお願いします。
23:18  |  ボンドの病気  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |