2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.01.13 (Fri)

★百か日忌(旅立ちから100日)&羊毛フェルト

今冬“最強寒波”が、この週末14、15日にかけ日本列島を南下してくるようで。
ドン地方、もうすでに超!寒いというより冷たい!んですけど、もっと冷たくなるの

今日1月13日は、ボンドの百か日忌(旅立ちから100日)を迎えました。 
この百か日は、「卒哭忌」ともいわれ、泣くことを
やめ悲しみに区切りをつける日なんだそうです。

そうできるものならば・・・
ならば、この苦しさや悲しみから抜け出せる方法があるのなら、教えてもらいたい。 やっと一日中泣いて過ごすことはなくなったものの、いまだに、ふっと涙のスイッチが入ると止まらなくなる。
生涯で、これほど辛いことって他にあるんだろうか・・・と思う。

ほんと・・ ボンドがいないドン家はとても静かで、笑うことも少なくなりました。
今は、ボンドに会いたい、ただそれだけ。

そうそう、去年11月30日の日記に書いたけど、これ
2012年にトリマーさんにカットしてもらって大事にとっておいたボンドの毛。 いつか本物そっくりに作れるようになったら、もう一度、この毛を混ぜてボンドを作りたいと思い、また今年1月から羊毛フェルト教室に通い始めました。
161130.gif<2016.11.30のブログ写真>

っとその前に・・・ 上の写真 ボンドの五七日忌の日記中の一枚なんだけど、一見、3体とも完成
しているようで、実は・・・


以前、2013年4月からカルチャーセンターで『羊毛フェルトで愛犬を作ろう』講座を習い始めてから、
完成してブログにUPしたのが、2013.07.02 「できたじぇ~」と初めて作ったボンド1体のみ。
その後も、ソフトバンク白戸家のお父さん(海くん)と、野良猫のチェビの2体を、ちまちま作って
いたのですが、ボンドの世話や介護やらで受講も途中で止めてしまい、未完成のままでした。

っで、去年の暮れから風邪をひいて、あまり外出できなかったこともあり、またブスブスっとやり始め、


何度もやり直しているので、羊毛フェルトの色↑↓が多少違ってはいますが、


ちなみに、チェビの記事はこちら→2010.10.27 ★野良ネコ達の運命


ドン家の界隈で見かけるようになったのがこの2010年。 2年後2012年の雪の日、玄関先で血を
流して倒れてた。 きっと、ドンなら助けてくれるニャと思って来てくれたんだ!と思い、獣医に薬を
もらい餌に入れて食べさせ、小屋も作ってあげた。 元気になってからは、朝・晩ご飯を食べて、小屋
で寝る生活が続き・・・ 2015年1月、ボンドの看病で大変なときに、姿を消して以来、見ていない。
今思うと、だいぶ鼻水がひどくて、ご飯も残して出かけていった日が最期だったのかもしれない。
妙玄さんに、ボンドの供養をしていただいた際、月初めの御礼法要のときに、チェビの供養もお願い
しました。 「チェビ、家の中で飼ってあげられなかったけど、ドン家の子だからね」

今年1月の新しい講座の先生にも仕上がりを見ていただき、やっと3体、完成しました。

なんとな~く、みんなの顔が嬉しそう? へへっ

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
ポチッとよろしくお願いします。ご協力ありがとうだワン
23:53  |  天にお返しした日から
 | HOME |