2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.01.29 (Sun)

☆過去ログ・2007.11.13 ご心配をおかけしました!

昨日は、お久しぶりに日差しがポカポカしていたので、主人と一緒にボンド(位牌)も連れて、
いつもの公園へ散歩に行ってきました。 
っで、今日の過去ログは、ボンドが目の手術療養中のため、4カ月ブログを休み復活したときのこと。

2007年11月13日 ★ご心配をおかけしました!
長いことご無沙汰してしまいましたが、この4カ月、ホントにボンド君は頑張ってくれました
これまでの経過をかいつまんで書きますと、事の始まりは・・・
4月下旬、ボンドの目が白く濁り、診断では角膜に傷ができる『角膜損傷』と。 原因はたぶん、あの犬用サングラスのレンズに眼球が擦れてしまったせいかと思います。
「目薬オワッタラアイチュと点眼を続け、5月には回復に向かっていたのですが・・・

6月中、ドン父の入院と重なり、ボンドの目を十分にケアしてあげられず。 特にボンドは逆さ睫毛(眼瞼内反症)なので、見てないと毛布とか前足で目を擦ってしまうから、留守番中は嫌でもカラーを着けるべきだったか・・・ 診断では『角膜潰瘍』へと悪化。 6月22日、外部からの刺激を受けないよう、両目とも瞬膜(まぶた)を縫合手術。

7月1日、右目を抜糸し、翌2日に左目を抜糸。 たぶん極度の恐怖とストレスが続いたせいか、
眼振(意識せず眼球が動く)がひどく、眼内圧も上昇し、『続発性緑内障』と診断。
潰瘍の治療と眼圧を下げるために薬物療法を始め、ほとんど寝ずの看病となりました。
緑内障は早期治療ができたことで失明の危機は脱しましたが、潰瘍がなかなか治癒せず。
ボンドは痛みに耐えながら、ほとんどこの状態で寝たきり、水も飲まず脱水症状を起こし、点滴するまでに・・・

             ↑写真は手術前のボンド

その後、脱水症状にならないように、ボンドの大好きなスイカやアイチュOKとのことで、まぁよく
食べてくれました。 いまだ潰瘍は回復悪化の繰り返しで完治せず、点眼一日5回は続けながらも、
8月下旬には、ここまで元気になりました。


っが、しかし! なんせ2ヵ月以上、洗ってませんからね 悪臭を漂わせ、微笑むボンドくん。


あまりに皮脂ベトベトでくっちゃいので、獣医さんが目の周りだけカットしてくれたのですが・・・


なんか変?なので、「カラーをつけたままで顔をいじらないのなら」という条件つきで、8月21日に
美容室でトリミングしてもらったのですが、


ウルトラマン主人も帰宅するなり、「ボンドかと、そりゃ驚きましたよ。


でもまぁ~、この笑顔が戻ってくれただけで、

それだけで幸せ。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
ポチッとよろしくお願いします。ご協力ありがとうだワン

いつもボンドは頑張ってくれた。 いつもボンドに頑張らせてばっかりだったね。
本当に最期までよく頑張って生きてくれたね、本当にありがとう、ボンド。
ボンドの笑顔さえあれば、ドンは幸せだった。
もう一度、ボンドの笑顔が見れたなら・・・
03:00  |  過去ログ(2007年)
 | HOME |