2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.04.21 (Fri)

★ボンドと見た桜と小さな幸せ

今週は早くも夏の暑さがやってきて、日中はほとんど半袖で過ごしておりましたドン地方。 っで、
今年初めて最高気温が25度以上の夏日となった日曜日(4/16)のこと。
朝からたっぷりの日差しで、ウルトラマン主人「水元でも行くか~!」ってなことで、「ボンド、
起きな!お散歩行くよ!」
と、ボンド(位牌)を助手席に乗せて、お馴染みのメタセコイアの森がある
水元公園へ行ってきました。 っと公園に着いて気づいてガッカリ
「やっぱり桜が・・・」「あ、カメラ忘れてる・・・」 なので、主人にスマホで撮ってもらいました。






おまけの写真

去年(2016年4月10日)、ボンドと最後に見た水元公園の桜。 こんなにしっかり歩いてたのに、ね・・・

                           「ボンド、見てる? もっと早く来れば良かったね」

おまけの話

ボンドを天にお返ししてから半年が過ぎました。 この半年の間ずっと、「ボンドを苦しめて逝かせて
しまった」という罪悪感やら、「ありがとう」と言えなかった後悔やら・・・ いっぱい抱っこして撫でて
あげたくてもできない淋しさやら・・・ どれだけ泣いたかなぁ。 さすがに号泣することはなくなった
けど、今でも突然、涙が込み上げてきて、特に一人で車を運転してるとき。 なんでだろうね・・・

そうそう、それで、
以前、ブログでご紹介した塩田妙弦さんの
『ペットがあなたを選んだ理由』の本に出会ってから、本を読み始めましてね。っとはいえ、涙でなかなか読み進めず、2月くらいからですが。 きっとボンドが引き合わせてくれたご縁だから
かなぁ、子供の頃から読書という趣味もないし、
漫画や週刊誌でさえ活字を読むと眠くなるような私が、あ、こんなに読んだのか~

ボンドに償いたい、会いたい、話がしたい一心で選んだ本です。 もちろん妙玄さんの本は全部。
著者はアニマルコミュニケーター、僧侶、獣医と違えど、どの本を読んでも共通することは「死んだらおしまいじゃない」ということ。 
「死ぬということこは身体と魂が離れる状態」であり... 他界したペットは地上にいたときより、
はるかに元気で幸せに生きている。 


ボンド~!って呼べば来ることができるらしい。あなたが「こうしたら、きっと喜ぶだろうなぁ」と
考えてする行いはすべて供養になるらしい。
だから、今さらではなくて、今、ボンドにしてあげられること、恩返ししてます。

大好きなマシュマロは毎日3個

ちょっとだけど、ボンドがね、「近くにいるよ」って教えてくれた。

にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
ポチッとよろしくお願いします。ご協力ありがとうだワン
16:29  |  天にお返しした日から
 | HOME |